過去から学ぼう!仮想通貨で億り人(おくりびと)になるための考え方

仮想通貨で億り人(おくりびと)を実現させてセミリタイアする?

「仮想通貨(ビットコインとかイーサリアム)」などに投資して、資産が”億”を超えた方々を総称して「億り人(おくりびと)と世間では呼ばれるようになりました。

 

こんな仮想通貨バブルで日本が湧いてる中でも、僕は仮想通貨には一切タッチしない事に決めています。

 

多分みんなが仮想通貨の存在を知るずっと前から、仮想通貨(ビットコイン)の存在を知っていて、関係者からは

『まだ誰も知らないから投資しておきなよ』

と1年ほど言われ続けてきました。(おそらく日本では数百人ほどしか認知していない時期)

なぜ上がると分かっている仮想通貨に投資しなかったのか?

僕は「投資・ビジネス」を実行する上で、以下5つの行動指針に従うように決めています。

  1. 在庫をもたないビジネスか?
  2. 年中売れる商品なのか?
  3. 毎月投資に見合うだけ収益が安定して入ってくるか?
  4. 使用した時間に対してリターンは積み重なっていくビジネスか?
  5. 利益率は圧倒的に高いか?

この5つだけです。

 

これに該当するモノは全て「投機」または「労働」とみなして”ほぼ除外”するように心がけています。仮想通過(ビットコインなど)であれば、毎月投資に見合うだけ収益が安定して入ってくるのか?と言われれば、上がるか下がるかの2択しかないので安定とは程遠い存在となってしまいます。

 

僕は一瞬の数億は求めてなく、それよりも末永く安定した”毎月100万円”を手に入れるコトの方が圧倒的に生活を安定させてくれるものだというコトを知っていますし、それを得るコトのほうが一瞬の数億をつくるよりも難しいのです。

仮想通過を安全に守るための用意しておきたいモノ

このビジネスマインドは僕の理念であって、決して押し付けているワケではありません。

数千万~数億ほどあれば、やりたいコトは大体できますし、助けたい人を助けるコトが容易に出来るほどの金額だと思います。その点については同じ思いですし、その理想があるなら目指すべきコトなんだと思います。

 

もし仮想通貨で「億り人」を目指すなら、最低限以下のアイテムは手に入れておくべきです。自分の資産(仮想通貨)を守れるのは自分しかいませんからね。

⇒ Ledger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨ハードウェアウォレット

 

このハードウォレットとは、ビットコインやイーサリウムやリップルを始め、 数多くの暗号通貨に対応しているUSBトークン型ハードウェアウォレットで、暗号通貨取引のセキュリティを確実に守り流出を防ぐためのモノです。

コインチェックの580億円流出事件をうけて、いま爆発的に売れており品薄状態が続いていますが、メルカリやヤフオクなどで個人が販売している怪しいハードウォレット入れたら根こそぎ通貨持っていかれる事件も発生しているので気をつけてくださいね。

追伸:メルカリでは出品禁止になった模様

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/31/news085.html

「ゴールドラッシュ」から学ぶ!仮想通貨の正しい稼ぎ方

この仮想通貨バブルですが、過去のゴールドラッシュと酷似していますね。

ゴールドラッシュとは1848年頃にカリフォルニアで起きた金脈を探し当てて一攫千金を狙う採掘者が殺到した事件のコトですが、一番稼いだのは金を採掘した人ではなく、金に群がる人へ向けてサービスを提供した人だと言われています。

 

このゴールドラッシュを”仮想通貨バブル”に置き換えるなら、

  • 仮想通貨を守るためのハードウォレットを販売
  • 仮想通過は儲かるぞ!とアピールして広告収入を得る
  • 仮想通過を簡単に取引できる取引所を開設する(コインチェックなど)
  • 新しい仮想通過をつくる
  • 仮想通貨を店舗で運用できるシステムをつくる

等などですかね。

 

さて、あなたならこの仮想通貨バブルでどんな「億り人」を目指しますか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です