KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

WordPressのアイキャッチ画像付きでTwitterへ自動投稿できるプラグイン

WordPressのアイキャッチ画像付きでTwitterへ自動投稿できるプラグイン

wordpressには投稿と連動してTwitterに自動投稿できるプラグインが沢山ありますが、画像付きでTwitterに自動投稿してくれるプラグインは数が少なく、このプラグインはかなり使えるプラグインです。

 

Twitterのアクセス解析をしていると、やはり「画像あり」と「画像なし」では同じ内容の記事でもクリック数やリツイート数などは数倍以上の差がでてきます。

 

今回、ご紹介する自動投稿プラグイン「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」は、 アップロードされる画像は「Wordpressに投稿されたアイキャッチ画像」を自動でTwitterへ画像付きで投稿することが出来る上に、実はBOT化も可能です。

 

またアイキャッチ画像を設定していない場合でも、デフォルト画像を指定しておくことでそれを投稿することもできます。

 

さらにさらに!このプラグインは「Twitter」だけではなく、「Facebook」「Google+」など多くのSNSやブログにも投稿可能な超便利プラグインなので、アクセスアップには欠かせないプラグインとなるでしょう。

※Google+の自動投稿にはオプション料金が必要です。

 

今回はTwitterに限定して「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」の設定と使い方を解説していきます。

NextScripts: Social Networks Auto-Posterの導入&設定方法

プラグインをインストール

WordPress管理画面から「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」と検索してインストールするか、WordPress.orgからダウンロードしてインストールするか選択します。

  1. WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」で検索してインストール
  2. WordPress.orgから「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」をダウンロード

wordpress.orgから手動でプラグインをインストールする方法

管理画面の設定方法

「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」をインストールしたら有効化を実行します。

Social Networks Auto-Poster

または、「プラグイン>インストール済みプラグイン」でプラグイン一覧画面を表示させてください。有効化を実行したら、管理画面の「設定」の中に以下のようなメニューが表示されます。

Social Networks Auto-Poster3
 

プラグイン一覧の中に「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」という項目が追加されるので「設定」をクリックします。

Social Networks Auto-Poster2
 

「設定」をクリックすると以下のような設定画面が表示されます。

SNAP10
 

「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」をインストールしたら、まずは基本設定をしていきましょう。

Settings「基本設定」

基本設定は全ての投稿先に適応されるものなので、最初に設定しておくと便利です。

こちらでは推奨の設定方法を解説いたしますが、サイトやブログに合わせてカスタマイズしてみてください。

Social Networks Auto-Poster4

How to make auto-posts

投稿時の動作を設定しますが、基本的にデフォルトのままでOKです。

Social Networks Auto-Poster5

User Privileges/Security

SNAPを使えるユーザーを指定します。

投稿者が複数いてSNAPの投稿権限を与える場合は各担当者にチェックを入れます。

Social Networks Auto-Poster6

Include/Exclude WordPress Pages and Custom Post Types

自動投稿に固定ページを指定するかを設定します。

「custom post Types」はカスタム投稿タイプで必要であればチェックを付けます。

SNAP2

Categories to lnclude/Exclude

カテゴリーで自動投稿するか選択します。

全ての投稿を自動投稿にする場合は「Check all」でOK。

SNAP3

URL Shortener

自動投稿時のリンクURLを「短縮URL」に変換できます。

基本的にデフォルトのままで問題ありませんが、クリック率などを測定したい場合は短縮URLに置き換える必要があります。

 

使用している短縮URLにチェックを入れてAPI keyを入力しましょう。

※API keyの説明については割愛いたします。

SNAP4

Auto-Import comments from Social Networks

SNSに投稿されたコメントをWordPressコメントにインポートする機能です。

SEO対策でチェックを入れてもいいのですが、TwitterはBOTによる自動返信をしている場合もあるので基本的にはデフォルトが良いでしょう。

SNAP5

Additional URL Parameters

指定のURLをバックリンクに設定できます。(デフォルトのままでOK)

SNAP6

Auto-Hash Tags Settings

アンダーバーなどをハッシュタグに切り替えるかの設定。

ハッシュタグは投稿設定で指定できるので「Nothing」でOKです。

SNAP7

%ANNOUNCE% tag settings

自動投稿に%ANNOUNCE%を入れた場合の文字数を指定できます。(デフォルトでOK)

SNAP8

Open Graph Tags

Open Graphを設定するかを指定できます。

デフォルトのままでOKです。

SNAP9

Advanced Featured Image Settings

自動投稿で画像に問題が発生した場合の設定ですが、チェックを入れなくても特に問題ありません。

SNAP1

Alernative"Featured Image"Location

アイキャッチ画像がない場合の代替画像を設定します。

SNAP2

Debug/Report Sttings

デバックとレポートの設定で、自動投稿エラー時における設定をします。

SNAP4
 
最後に「Update Settings」をクリックして設定を保存します。
 
SNAP3
 
基本的にSettingsはデフォルトのままでも問題なく使用できるので、カスタムしたい場合は設定しておきましょう。

自動投稿するTwitterアカウントを設定する

まず「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」の「Your Social Networks Accounts」を開き、「Add new account」をクリックします。

SNAP1
 
「Add new account」の中からTwitterを選択します。
 
Add New Network1
 
次に自動投稿したいTwitterアカウントを設定します。
 
Add New Network2
 
Account Nicknameは、お好きなアカント名を入力してください。

Account Infoの設定

Twitterアカウントを自動投稿させるには、Twitterのデベロッパーにて専用アプリを作成する必要があります。

Your Twitter URL自動投稿するTwitterのURLを入力します。
Your Twitter API KeyTwitterアプリのAPI Keyを入力します。
Your Twitter API SecretTwitterアプリのAPI Secretを入力します。
Your Access TokenTwitterアプリのAccess Tokenを入力します。
Your Access Token SecretTwitterアプリのAccess Token Secretを入力します。
Attach Image to Twitter Postチェックを入れると自動投稿に画像を挿入できます。
Message text Format自動投稿する記事の内容を指定できます。

アプリは簡単に作ることできるので以下を参考に作成してみてください。

WordPressからTwitterへ自動投稿するアプリを作成する

まずはTwitterのデベロッパーにアクセスします。

Twitter Developers

Twitterデベロッパー1

アプリケーションの登録

「Sign in」をクリックして自動投稿したいTwitterアカウントでログインします。

Twitterデベロッパー2

Twitterにログインした状態で「Manage Your Apps」をクリックします。

Twitterデベロッパー3
Twitterデベロッパー4
Twitter Appsにアクセスしたら「Creat New App」をクリックして新しいアプリを作成します。(Twitterにログインしている状態であれば、Twitter Appsに直接アクセスしても問題ありません。)
 

Twitter Apps

Twitterデベロッパー5

アプリケーションの設定

Create an applicationではアプリの設定をしていきます。

Twitterデベロッパー6
  • Name:お好きなアプリケーション名を入力
  • Description:アプリケーションの説明欄
  • Website:自動投稿するWordPressのURLを入力
  • Callback URL:コールバック用URL(WebsiteのURLでOK)

「Developer Rules of the Road」はアプリケーション規約の同意なので「Yes I agree」にチェックを入れて「Create your Twitter application」をクリックします。

Twitterデベロッパー7
 
アプリケーションを使って、WordPressの記事を自動投稿させるには読み書きの許可をしなくてはいけないので、その設定方法を解説していきます。

Twitterアプリのアクセス権の設定

作成したTwitterアプリをクリックしてタブ内にある「Permissions」をクリックして、Access内にある「Read and Write」にチェックを入れ「Update settings」をクリックして設定を保存します。

Twitterデベロッパー8
TwitterアプリのAPIとTokenの作成

作成したTwitterアプリをクリックしてタブ内にある「Keys and Access Tokens」をクリックします。

Twitterデベロッパー10
 
下にスクロールすると「Token Actions」という項目内にある「Regenerate my access token」をクリックして”Access token”を作成します。

作成できると「key and Access Tokens」のページには「API Key」と「Access Token」情報が更新されるようになります。

Twitter API Key
Twitter Access Tokens
 
API Keyこの英数字の羅列を、先ほどのwordpressプラグン「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」の「Add new account」にある、
  • API Secret
  • Access Token
  • Access Token Secret

にコピペして「Update Settings」をクリックすれば設定は完了です。

Add New Network2
 
うまく設定ができていれば、アカウントの「Account Info」内にある「Submit Test Post to Twitter」をクリックすれば自動投稿したいTwitterアカウントに”テスト投稿”がされます。
 
Twitterデベロッパー11
 
WordPressのアイキャッチ画像付きでTwitterへ自動投稿できるプラグインの設定は以上になります。

まとめ

少し設定項目は多いですが、一度設定すればWordPressの投稿が画像付きでTwitterにも自動投稿されるので重宝するはずですよ(^^)

では、超便利な神プラグイン「NextScripts: Social Networks Auto-Poster(通称:SNAP)」をぜひお試しいただければ嬉しく思います。

合わせて読みたいTwitterの便利機能

⇒ Twitterのフォロワーが増えやすい「良質なBOT」を作る方法

⇒ Twitterで「30秒動画」を投稿する方法

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] wordpressのtwitter自動投稿プラグインの決定版はこれだ! | UROKO WordPressからTwitter/FaceBookに投稿を自動連携する方法 | Web’Notes WordPressのアイキャッチ画像付きでTwitterへ自動投稿できるプラグイン […]

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top