KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

WordPressのパーマリンクでSEOに有利な設定方法

WordPressのパーマリンクでSEOに有利な設定方法

WordPressには記事投稿をする前に、SEO対策としてやっておきたいパーマリンク設定があります。

この設定をやっておく事で、後々のサイト運営を有利に進めることができ、ムダな労力を省くことができるでしょう。

 

僕は”このパーマリンク設定”を軽視していた為に、膨大な時間をロスした経験があるのでWordPressでサイト構築する場合は、必ずやっておくべき設定だと考えています。

パーマリンクとは?

WordPressインストール直後のパーマリンクは「http://kazuto-yoshida.com/?p=123」と、数字と記号の組み合わせが標準の設定となっており、このURLの末尾「?P=123」の部分をパーマリンクと言います。

パーマリンク設定

このデフォルトの状態で記事投稿した場合、末尾が英数字の羅列となりSEO面では若干ではありますが、勿体のない設定方法となっています。

Googleが提唱する有利なパーマリンク

Googleが提唱するSEO面で有利なパーマリンクとは、『シンプルかつ論理的で人が理解できる方法』と言われています。

この「シンプルかつ論理的」という部分を考えると、英数字の羅列ではシンプルだか論理的ではなく、最近多くある日本語パーマリンクも「人が理解できる方法」では有利ですが、いたって「シンプル」ではありません。

 

日本語パーマリンクはURLだけをみると日本語に見えて分かりやすいかもしれませんが、Googleのサーチエンジンからすると「%EF%BD%93%EF%BD%8E%EF%BD%93%E9%9B%86%E5%AE%A2/%E3%83%84%E/」と、このように長ったらしくシンプルではない英数字の羅列によって形成されています。

 

さらに、過去に日本語パーマリンクに設定していた事があるのですが、TwitterやFacebookなどでシェアされた時には上記の英数字の羅列がシェアされてしまい、見た目が大変悪い。

『じゃあ、パーマリンクの設定を変えればいいだけの話では?』

いいえ、このパーマリンクは一度設定するとそう簡単には変更する事はできません。

 

変更するだけであれば簡単にできるのですが、投稿した記事すべてのURLが変わってしまうため、シェアされた記事や被リンクがあった記事など全てなかった事になるという恐ろしい事態となってしまいます。

 

これは「301リダイレクト」という方法で解決することは可能ですが、過去に投稿した記事すべてをリダイレクトさせるとなると、投稿数にもよりますが膨大な作業時間を余儀なくされます。

そうならない為にも、最初からSEOに最適なパーマリンク設定をしておくに越した事はありません。

SEOに有利なパーマリンク構造とは?

WordPressのパーマリンク設定で、SEOに最適なパーマリンク構造とはどういったものなのか?を検証した結果、ベストなパーマリンク構造を発見したのでお伝えしておきます。

  • http://kazuto-yoshida.com/記事タイトル

ずばり、このパーマリンク設定のみです。

 

他サイトの「SEO対策」や「WordPress推奨パーマリンク」などの記事では、

  • http://kazuto-yoshida.com/カテゴリー名/記事タイトル

などを推奨している記事もありますが、カテゴリー名をパーマリンクに含めるのは大反対です。

 

インターネットの社会は恐ろしいスピードで進化して、そして変化を続けています。そんな変化に対応する為に「カテゴリー名」も変えざるを得ないときはくるかも知れません。

その時に、パーマリンクに「カテゴリー名」を入れてしまっていては「記事+カテゴリー名」と固定されてしまい、カテゴリー名も変えられない上に、記事のカテゴリー移動もできなくなります。(理由は上記のSEO面で不利になる点)

 

僕はすべてのパーマリンク設定を試してきましたが、結論は「http://kazuto-yoshida.com/記事タイトル」これ一本を絶対にお勧めいたします。

カテゴリー名を変更しようが、タグを変えようが、何をしようが困ることは起きませんし、何よりGoogleが提唱する『シンプルかつ論理的で人が理解できる方法』の全てに合致させることができます。

WordPressのパーマリンク設定方法

では、以上の理由によりSEOに有利なパーマリンク設定方法をお伝えいたします。

WordPressインストール後に、この設定をしておくだけで「SEO」「ユーザビリティ」「運営」など、全ての面でライバルよりも圧倒的に有利な状態でサイト運営できることをお約束いたします。

 

まずは、ダッシュボードのサイドメニューより「設定 > パーマリンク設定」とクリックします。

パーマリンク設定 WordPress

「カスタム構造」にチェックをいれて、空白に「/%postname%」と入力します。

パーマリンク設定「カスタム構造」

設定したら下部にある「変更を保存」をクリックします。

パーマリンク設定「変更を保存」

この設定で、新規記事や固定ページ作成でパーマリンクを手動で変更することができるようになります。

パーマリンク編集

このパーマリンクを英語で入力します。

上記のタイトルは「WordPressの…」なので、パーマリンク構造は「wordpress-seo-permalink」と入力しました。

 

つまり最適なパーマリンク設定方法とは、『どのような記事が書いてあるのかをシンプルに英単語で入力するのがベスト』という事です。

これがGoogleが提唱する『シンプルかつ論理的で人が理解できる方法』という全てに当てはまる設定であることは間違いありません。

 

日本語を英語に翻訳する場合は、Googleが提供するGoogle翻訳がお勧めです。

パーマリンク設定「まとめ」

パーマリンクは、長くサイト運営するなら軽視できない重要な要素を占める部分となるので、とにかく手を抜かずにユーザーが理解しやすく、SEOにも高評価につながる設定にしておく事が大切だと思います。

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top