KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

【ステップメール構築】売り込むのは商品ではなく自分自身

【ステップメール構築】売り込むのは商品ではなく自分自身

ステップメールとはメルマガ登録をした読者に対して、あらかじめ決められた順番にメールを送るシステムの事なのですが、このステップメールは普通の企業はもちろんの事、数多くのメルマガアフィリエイターが利用している仕組でもあります。

 

メルマガアフィリエイトで大きく利益を上げるためには、この「ステップメール」を活用することが必須条件となっているのですが、そもそも「ステップメール」とは何か?をご説明いたします。

ステップメールとは?

たとえば、インターネット上で化粧品会社の資料請求をする為にメールアドレスを登録したとします。

ステップメールの仕組み


図のようにあらかじめ設定しておいたメールが登録した順番に自動的に配信されます。

つまり、一度設定したメールを登録した読者に対して自動で配信するシステムの事を「ステップメール」と言います。

 

これは別に「楽をしたいから」という理由ではなく、

  • 興味がある人に対して
  • 知りたい情報を
  • 知りたい時に伝えてあげられる

という事を目的としてメールをステップ化させています。

ステップメールにDRMを組み込む

ステップメールを構築するには、

  • 集客→教育→販売

という、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)という3つのプロセスからなるマーケティング手法を組み込んだ形が理想的です。

 

このDRMをステップメールで活用すると、集客から販売までのプロセスを全て自動化させることも可能です。

ネットビジネス業界では「完全不労所得」や「寝ていても報酬発生!」などのうたい文句が数多くありますが、多くの場合はこのステップメールとDRMを組み合わせた仕組を伝えている方が多いようですね。

読者との信頼関係を得る

先ほどステップメールとは、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)という3つのプロセスからなるマーケティング手法を組み込んだ形が理想的だとお伝えしましたが、必ずしも商品を販売する必要はありません。

 

本来のステップメールの目的とは、販売するためのものではなく「読者との信頼関係を得る」ために構築すべきです。

『売り込むものは商品ではなく自分(会社)』

この思考こそが、ステップメールを構築するための基本だということを意識しておきましょう。

 

ステップメールで信頼関係を築く事ができれば、石ころでも売れるようになります。

 

例えば「親友」と「1回会っただけの知人」の二人が居たとして、あなたにこう言ったらどうでしょう?

『あそこのラーメン屋うまかったよ。一度行ってみなよ!』

さて、あなたはどちらのラーメン屋さんに行きますか?

 

ほとんどの場合、親友が勧めるラーメン屋さんに行くでしょう。

ステップメールで一通目を配信した状態では、1回会っただけの知人よりも関係が薄い状態です。

 

そんなよく分からない人が勧める商品は誰も興味を持ってくれません。

それを親友とまでは言いませんが、せめて「憧れの人、良い情報をくれる人」までに信頼関係を構築するのが本来のステップメールの使い方なんです。

 

信頼関係を構築することが出来れば、たとえ7通目であれ100通目であれ紹介する商品に興味はもってくれるようになります。

『DRMというマーケティングを組み込んだステップメールを構築して信頼関係を築く』

これを意識したステップメールを構築できれば、メルマガアフィリエイトは成功したも同じです。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] ーケティング手法を組み込んだ形が理想的だとお伝えしましたが、必ずしも商品を販売する必要はありません。 [紹介元] 【ステップメール構築】売り込むのは商品ではなく自分自身 […]

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top