KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

SEO効果を高めるために必要不可欠な5つのデータ解析とは?

SEO効果を高めるために必要不可欠な5つのデータ解析とは?

SEO効果を高めるために必要不可欠な事といえば「データ分析」は欠かす事ができません。

  • 日々どのくらいのアクセス数が
  • どこから訪問されて
  • どういったキーワードから
  • CV(コンバージョン)が発生しているのか

など、分析をしていきキーワードの”横縦”展開を決めることでアクセス数は上昇していき安定した収益をもたらしてくれます。

 

その為、ホームページやブログ開設した後に、SEO効果を高めるために把握しておかなくてはいけないのが「データ解析・分析」という事です。

データ解析・分析するための優れたツール

実際に僕が利用しているデータを解析・分析するためのツールをご紹介いたします。

  1. Google アナリティクス(アクセス解析)
  2. Google サーチコンソール(SEO分析)
  3. Google PageSpeed Insights(SEO対策)
  4. Google キーワードプランナー(キーワード検索)
  5. SEOチェキ!(SEOレベルのチェック)

この他にも、データを解析・分析するためのツールはありますが、基本的にこの5つあれば十分でしょう。

1.Googleアナリティクス(アクセス解析)

Google アナリティクス公式サイト

サイト運営者でGoogleアナリティクスを知らない人はいないくらい有名な解析ツールです。無料ではありえないくらい機能豊富なのですが、主に使う機能としては以下があげられます。

  • アクセス数(リアルタイム・今月・先月)
  • ユーザー数
  • 離脱ページ
  • オーガニック検索
  • コンバーション

具体的な使い方についてはこちらでは割愛しますが、これらの機能は活用できるようにしておきましょう。

2.Googleサーチコンソール(SEO分析)

Search Console

ブログ(サイト)開設後、真っ先に導入してもらいたいのがGoogleサーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)です。

 

こちらの機能は、

  • ブログ(サイト)がどのキーワードで表示されているか?(正確には”検索クリエ”と言います)
  • ブログ(サイト)にGoogleクローラーを呼ぶことができ、index速度を早める事ができる。
  • 表示された検索クリエから、どのくらいのクリックがされたらが分かる

などのSEO対策に必要な機能が豊富で、検索エンジン(GoogleやYahoo!)で、サイトを上位表示させるためには必須ツールなので導入しておく事をお勧めいたします。

3.Google PageSpeed Insights(SEO対策)

PageSpeed Insights

ツール名どおり、ページの表示速度と原因を解析してくれるツールです。

WEBサイトにおいてページ表示速度はかなり重要な要素を占めており、表示速度が遅いと0.1秒の誤差でもユーザーの離脱率は大幅に改善できます。

 

ページ表示速度の改善方法としては、

  • すべての画像を「png→jpeg」に変える
  • サーバーを変える
  • 最適化プラグインを導入する

など様々な改善が考えられますが、その原因を解析してくれるツールが「Google PageSpeed Insights」だという事です。

4.Google キーワードプランナー(キーワード検索)

キーワード プランナー   Google AdWords

オウンドメディアやコンテンツマーケティングといった自社媒体を軸とした集客方法が増えている中で、「検索されるキーワードを知る」というのは非常に重要なスキルとなりつつあります。

  • キーワード検索されたユーザーは何を求めているのか?
  • 求めているキーワードのライバルは強いのか?弱いのか?
  • そのキーワードで集客できるアクセス見込みはどの程度か?

これらの答えを導くためには「キーワード検索」からしか始まりません。

 

記事を書くまえに、Google キーワードプランナーでキーワードを検索することによって「アクセスの集まりやすいキーワード」を事前に知っておく事で、圧倒的に有利な状態からスタートする事ができるでしょう。

 

試しにキーワードプランナーで「アフィリエイト」と検索した結果ですが、「月間平均検索ボリューム」は”90,500”と表示されました。

キーワード プランナー   Google AdWords「アフィリエイト」

ここで注目するべき項目は「競合性」です。

 

この競合性が「高」の場合はライバルが多いため記事を更新したとしても、検索エンジンでの上位表示は難しくなり、逆に「低」であればライバルが弱い可能性が高いので、記事を上位表示させることができ検索エンジンからのアクセスが期待できます。

 

仮に僕が「アフィリエイト」というキーワードで上位表示を狙うなら、「アフィリエイト 懸賞」という「低」のキーワードで縦展開の記事を10記事~20記事ほど更新して上位表示を狙います。

5.SEOチェキ!(SEOレベルのチェック)

SEOチェキ(無料で使えるSEOツール)

SEOチェキ!は、ある程度媒体が育ってから使いたいツールなのですが、主な機能として、

  • 発リンク数
  • Googleページランク・Alexaランキング
  • SNSの被リンク数
  • 検索順位
  • キーワード出現頻度

シンプルにまとめると、自身が運営しているサイトのレベルを解析するためのものです。

 

戦略的にサイト運営をしていくなら月に1度はチェックして狙いたいキーワードが検索エンジンで何位に入っているのか?など調べてレベルを把握しておくと良いでしょう。

まとめ

各ツールの設定・導入方法は割愛いたしましたが、SEO効果を高めるために必要不可欠なツールばかりなので、これらを活用してアクセスアップを目指していただけたらと思います。

 

SEO効果を高めるには、

解析 ➡ 検証 ➡ 実行 ➡ 改善

この「4サイクル」を繰り返すことでアクセス数は自然と増加していき、戦略的にサイト運営をする事ができるので、是非ご活用いただけると嬉しく思います。

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top