KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

【保存版】絶対にWordPressで導入しておきたいプラグイン16選

WordPressには圧倒的に作業効率をあげてれるプラグインや、アクセスアップに繋がるプラグインは星の数ほどありますが、そんなプラグインの中から、実際に使ってみて「これは使える!」と思ったプラグインをご紹介いたします。

WordPressを使い始めたばかりの方は、「どんなプラグインを入れるのがいいの?」という疑問を解決することができるでしょう。

 

必要に応じて以下のプラグインを検討してみてください。

目次

はじめに「バックアップは必ずとっておきましょう」

WordPressのプラグインは基本的に全て無料で利用できますが、プラグインをインストールする場合は、必ずバックアップをとってからインストールする事をお勧めします。

利用しているサーバー環境やテーマよっては、プラグインがエラーになってしまったり、画面が真っ白になる等の不具合が生じる場合があります。

 

プラグインをインストールする場合は、「13.バックアップ対策(BackWPup)」というプラグインをインストールしてバックアップをとってから、プラグインを導入していきましょう。

 

また、プラグインのインストール方法として、『WordPress.org「〇〇」からダウンロード』という方法を記述していますが、orgから直接ダウンロードする方法は以下を参考にしてみてください。

WordPress.orgから手動でプラグインをインストールする方法

プロフィール掲載(About me 3000)

About Me 3000

このプラグインはブログ運営者などのプロフィールをサイドバー等に表示する事ができます。運営者のプロフィールを掲載しておく事でサイトの信頼度を高める効果が期待できます。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「About me 3000」で検索
  • WordPress.org「About me 3000」からダウンロード

SEO対策(All in One SEO Pack)

All in One SEO Pack

All in One SEO Packでは、サイト・ブログを運営する上で必須のプラグインです。

SEOの設定などを管理できるプラグインで、検索エンジンの検索結果に表示される内容を最適化できます。便利な機能としては、「XMLサイトマップ生成機能」「検索結果の表示文字を指定できる」「ソーシャルメディア用のOGP設定」などがあります。

これらの機能は、SEO上位表示する際に必ず必要なので、このプラグインは必ずいれておきましょう。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「All in One SEO Pack」で検索
  • WordPress.org「All in One SEO Pack」からダウンロード

All in one SEO packの設定方法

「All in One SEO Pack」の設定方法は、バズ部さんの「All in One SEO Packの設定方法と使い方」がとても分かりやすいので、この方法で設定してみてください。

⇒ All in One SEO Pack の設定方法と使い方

カテゴリー表示順変更(Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Order

WordPressの標準の設定ではカテゴリーの順番を変更する事ができません。

ですが、このプラグインを利用するとカテゴリの表示順番をドラック&ドロップで簡単に変更することができるようになります。

記事のカテゴリ順番を変更したい場合は、このプラグインを利用しましょう。

インストール方法

  • WordPresss管理画面>プラグイン>新規追加>「Category Order」で検索
  • WordPress.org「Category Order」からダウンロード

アイキャッチ画像をドラック&ドロップで設定(Drag&Drop Featured Image)

Drag Drop Featured Image

アイキャッチ画像を、デスクトップ上から直接アイキャッチ設定をする事ができます。ブログは毎日の作業が必要になってくるので、作業効率化のためにも導入することをオススメいたします。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Drag&Drop Featured image」で検索
  • WordPress.org「Drag&Drop Featured image」からダウンロード

サイトマップ自動生成(Google XML Sitemaps)

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapとは、Googleなどの検索エンジンに対して、このサイトの中はこんな構成です。とお伝えするプラグインです。

このXMLサイトマップを送信することによって、サイトや記事を更新した際にインデックスのスピードを早めることができます。

※All in One SEO Packを導入された場合は、このプラグインは必要ありません。(All in One SEO Packにはサイトマップ自動生成機能が搭載されています)

 

なお、このプラグインを利用する場合はGoogleウェブマスターツール(現Googleサーチコンソール)に登録する必要があります。

SEO対策で非常に重要なプラグインですので、導入しておきましょう。

  インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Google XML Sitemaps」で検索
  • WordPress.org「Google XML Sitemaps」からダウンロード

関連記事を自動表示(Related Posts)

Related Posts

関連記事を自動表示してくれることで有名なプラグインで、YARPPというプラグインがありますが、初心者の方では設定が難しいため関連記事プラグインは、このRelated Postsをオススメしています。

記事下に関連記事を表示する事により、PV(ページビュー数)は間違いなく上がりますので、Googleなどの検索エンジンに好まれ上位表示しやすくなります。単純に導入するだけでPV数が伸びるので、入れておいて損はありません。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Related Posts」で検索
  • WordPress.org「Related Posts」からダウンロード

人気記事を自動表示(wordpress Popular Posts)

WordPress Popular Posts

このプラグインでは、アクセス数に応じた記事をサイドバーに表示させる事ができます。

画像付きで表示できる上に見た目もよく、多くのアフィリエイターさんやブロガーさんが好んで利用しているプラグインになります。

このプラグインを導入することにより、サイト内の回遊率を上げる事ができます。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「WordPress Popular Posts」で検索
  • WordPress.org「WordPress Popular Posts」からダウンロード

データベース最適化(WP-Optimize)

WP Optimize

WP-Optimizeプラグインは、データベースを最適化してくれるプラグインになります。

データベースの中にある余分なデータをクリーンにして、BD(バックアップ)容量を減らすことができます。

なぜデータベースを最適化したほうが良いのか?というと、記事を更新していくにつれ画像や記事がどんどん増えていきサイトの表示スピードが極端に落ちてしまいます。

表示スピードが落ちると、ページが開くのが遅くなるのでユーザーの離脱につながります。一度設定したら、後は継続的に処理されるので、是非導入したいプラグインの一つです。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「WP-Optimize」で検索
  • WordPress.org「WP-Optimize」からダウンロード

ソーシャルメディア投稿連動(Social Networks Auto-Poster)

NextScripts  Social Networks Auto Poster

WordPressで記事を更新すると、自動でFacebookやTwitterにも同じ記事を投稿してくれる素敵なプラグインです。

特に、Twitterに投稿してくれるプラグインは多くあるのですが、画像付で投稿してくれるプラグインはこれ以外にないでしょう。さらに、Google+や他のSNSでも利用できるのでSNS攻略するなら入れておきたいプラグインの一つです。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Social Networks Auto-Poster」で検索
  • WordPress.org「Social Networks Auto-Poster」からダウンロード

お問い合わせフォーム生成(Contact Form 7)

Contact Form 7

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを簡単に作成できるプラグインです。

かなり高度な設定も可能なので、お問い合わせフォームが必要な場合はこのプラグインを利用しましょう。

さらに、アフィリエイトする場合のお問い合わせはフォームの設置はしておいたほうがよいです。メディアや広告などの依頼などは、ほとんどがお問い合わせフォームから依頼されます。

 

アクセスが多くなってきたら、必ずお問い合わせフォームを設置しておきましょう。

ちなみに、このブログのお問い合わせフォームも「Contact Form 7」で生成してカスタマイズしています。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Contact Form」で検索
  • WordPress.org「Contact Form」からダウンロード

ダッシュボードにアクセス解析表示(Google Analytics Dashboard for WP)

Google Analytics Dashboard for WP

ブログ、サイト運営をしていてアクセス解析を導入していない方はいないと思いますが、いちいちアクセス解析のサイトにアクセスするのが面倒な時ってありませんか? そんな時にあったら便利なのが、このプラグインです。

WordPressの管理画面で、ほぼ必要なアクセス状況を確認できるので重宝します。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Google Analytics Dashboard for WP」で検索
  • WordPress.org「Google Analytics Dashboard for WP」からダウンロード

バックアップ対策(BackWPup)

BackWPup Free

ブログ・サイト運営ではバックアップは一番重要なのではないかと思います。バグがおきて、最初からやり直し…なんて恐ろしい事にならないように、必ずバックアップは万全の状態にしておきましょう。

WordPressは、”データベース”と”ファイル”の2つのBD(バックアップデータ)で構成されています。 それぞれのデータを自動でバックアップしてくれます。

 

僕の知る限りでは、このプラグインが一番バックアップ機能は優れています。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Back WPup」で検索
  • WordPress.org「Back WPup」からダウンロード

BackWPupの設定方法

「BackWPup」の設定方法は、バズ部さんの「BackWPUPで確実にWordPressのバックアップを取る方法」で設定してみてください。(何度もお世話になります!バズ部さん(>_<))

⇒ BackWPUPで確実にWordPressのバックアップを取る方法

ランダム広告表示(Ads by datafeedr.com)

Ads by datafeedr.com

このプラグインは結構レアですよ(^^)あまり知られていません。

設定した広告は、ランダム表示してくれるのに加え「期日の設定」「表示回数制限」なども設定する事が可能です。

 

利用している方も少ないので先に導入してみてはいかがでしょうか?

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Ads by datafeedr.com」で検索
  • WordPress.org「Ads by datafeedr.com」からダウンロード

リンク切れをお知らせ(Broken Link Checker)

Broken Link Checker

サイト運営をしていて困るのがリンク切れです。

せっかく訪問してもらったのに「ページが見つかりません。」など表示された場合はサイトの信用も低下してしまいます。

 

このプラグインは、リンク切れがあった場合にメールや管理画面でお知らせしてくれる便利なプラグインなので、まだ導入していない場合は是非導入してみてください。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Broken Link Checker」で検索
  • WordPress.org「Broken Link Checker」からダウンロード

動画をレスポンシブ対応(Responsive Video)

Responsive Video

近い将来、必ず必須となるプラグインです。

YouTubeがGoogleに買収されたのは有名なお話ですが、Googleは今後、検索エンジンの上位表示を動画にすると宣言しています。

 

このプラグインは、画面の表示サイズに合わせて動画を以下のようにレスポンシブ対応してくれます。(スマホで見るか画像を縮尺してみてください)

表示されるサイズによって動画が自動的に最適化されています。沢山のレスポンシブ対応の動画プラグインを調べた結果、このプラグインが一番バグが少なくシンプルでした。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Responsive Video」で検索
  • WordPress.org「Responsive Video」からダウンロード

短縮URL作成(Pretty Link Lite)

Pretty Link Lite

アフィリエイターにとっては必須のツールである短縮URLをWordPressの管理画面で生成する事ができます。

有名な短縮URLでは、GoogleやBitlyなどありますが、このプラグインの凄いところは一度生成した短縮URL内のURLを変更する事ができます。

さらに、クリック数の計測もしてくれるので無料で短縮URLを使用したい場合はこちらをご利用ください。

インストール方法

  • WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Pretty Link Lite」で検索
  • WordPress.org「Pretty Link Lite」からダウンロード

まとめ

HTMLの知識がなくても、プラグインを利用することでブログ運営を有利に展開する事ができます。

まだまだ便利なプラグインはありますが、今回は「絶対にWordPressで導入しておきたいプラグイン16選」という事で最低限必要なプラグインをご紹介させて頂きました。

 

設定方法などは、割愛させていただきましたがGoogleなどの検索エンジンで「プラグイン名」を入れて検索していただければ、すぐに見つかるはずです。

長くなりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top