KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

【悪用厳禁】QUESTフォーミュラの法則を正しく活用する方法

コピーライティングにおいて「世界的に一番反応が取れている」と言われている”QUESTフォーミュラの法則”という驚異のコピーライティングをご紹介いたします。

 

インターネットビジネス業界で有名なのは DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)と呼ばれているマーケティング手法ですが、いくらマーケティング知識を得て実践したところで、コピーライティング力が無ければロールプレイングゲームで言うところの、

「”伝説の剣”を手に入れたけどレベルが足りなくて装備できない」

こういった状態です。

 

インターネットビジネスでは、マーケティングとコピーライティングの”二つが備わってはじめて効果を発揮できるスキル”だと認識しておいてください。

今回は、そんな最強のマーケティング手法であるDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)の威力を存分に発揮できるコピーライティング”QUESTフォーミュラの法則”をご紹介したいと思います。

QUESTフォーミュラの法則とは?

QUESTフォーミュラとは、相手の反応を最も効率良く引き起こしてくれる法則の一つで、主にLP(ランディングページ)やメールマガジンのステップメールで活用されています。

 

この法則は”5つのステップ”から構成されており 、「QUEST」とはそれぞれの頭文字を取ったものになります。

  • Qualify(ターゲティング)
  • Understand(理解・共感)
  • Educate(教育)
  • Stimulate(興奮)
  • Transition(行動)

それに続く、フォーミュラ(FORMULA)とは「決まった言い回しや決まり文句」という解釈で、”定型文や雛形”と同じ意味をもちます。

 

この”QUESTフォーミュラは、インターネット上で”商品やサービスを販売したい場合”は、この「QUEST」の流れで販売するのが一番反応率が高く、正直・・・なんでも売れます。

 

なので、タイトルは【悪用厳禁】とさせていただきました。では、そんなファーストステップである「QUEST」について解説していきます。  

Qualify(ターゲット)

Qualifyとは、見込み客になるターゲットを明確にすると同時に「相手の悩みや問題を解決する」ことを宣言します。

『あなたの〇〇といった悩みはこれで解決します!(できます)」

と、宣言するのがQualifyにあたります。

 

LP(ランディングページ)では、一番トップのヘッドコピーと呼ばれる部分がQualifyであり、キャッチフレーズやスローガンなど大きなタイトルだと思って頂ければ問題ありません。

メールマガジンであれば、Qualifyは「悩みを持っている人や、何か特定の物を欲しいと思っている人」に対して、その欲求を解決してくれるという期待を抱かせる部分となります。 

Understand(理解・共感)

Understandは、「相手の悩みを理解し・共感する」という部分になります。

  • 理解とは、「なぜ理解できるのか?」
  • 共感とは、「僕も過去に同じ経験をしたことがあり・・・」

など、”同じ悩みを理解し、共感するには実際に体験した事”を話するのが効果的です。

Educate(教育)

Educateは、自分が相手に紹介する商品やサービスで悩みを抱えている人に対して、どれだけ役に立つものであるかを説明していくステップとなります。

 

教育というよりは、相手との信頼関係を構築していく段階にあたります。

 

この部分では「実際に私も使ってみましたが〇〇だったのを覚えています。」など、販売したい商品やサービスでどのような結果を得られたのかというベネフィットを強調するとより効果的でしょう。

Stimulate(刺激する・興奮させる)

Stimulateでは、悩みを抱えている人に対して、 その商品のベネフィットを提示して感情を高ぶらせる段階になります。

 

販売したい商品やサービスを購入したら、

「どのような未来が待っているか?」

を明確に伝えたうえで相手を興奮させます。

 

ベネフィットとは、その商品やサービスを得た後に待つ結果で、商品が美容液などであれば「お肌がスベスベになって10歳若返ったとよく言われます」 など、商品やサービスを購入したら待っている結果を「ベネフィット」と言います。  

Transition(行動)

最後にTransitionでは、文章を読んでくれている人に対して、具体的にどういう行動をしてほしいのかを提示する部分にあたります。

 

お客様や見込み客は、「ベネフィット」を伝えただけでは行動までは起こしてくれません。

 

なので「Transition(行動)」という、行動を起こしてもらうためのコピーライティングが必要なのです。

「この悩みを解消するにはこのような行動をしてください」

と明確に伝える事が重要になります。  

QUESTフォーミュラをもっと有効活用する方法

”QUESTフォーミュラ”がどのようなコピーライティングなのかを理解して頂いたところで、冒頭でお話しした「マーケティングとコピーライティング」は”二つが備わってはじめて効果を発揮できるスキル”だとお伝えしたので二つを併せて活用する方法をお伝えしたいと思います。

 

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)とは、

  1. 集客して
  2. 教育して
  3. 販売する

このようなマーケティング手法になります。

 

これにQUESTフォーミュラというコピーライティングを付け加える事で反応率が劇的に変わります。

  1. 集客して
  2. 教育して(+QUESTフォーミュラ)
  3. 販売する(+QUESTフォーミュラ)

プロモーション方法により反応率は異なりますが、インターネットビジネスでの販売方法の「約80%」は、必ずこの流れになっているはずです。

QUESTフォーミュラの法則(まとめ)

以上がが「QUESTフォーミュラ」と呼ばれている法則になります。

 

最後にもう一度復習して終わりにしたいと思います。

  1. Qualify→ターゲットを明確にする
  2. Understand→悩みを理解・共感する
  3. Educate→教育・信頼関係を構築する
  4. Stimulate→刺激する・興奮させる
  5. Transition→行動してもらう

この”5つのステップ”は、人の心理と密接な関係があり何百年前から変わることのない人が反応する普遍的な原理原則です。

 

その普遍的な原理原則に沿って、ステップ通りにLP(ランディングページ)やメールマガジンのステップメールを書いていけばセールスの成約率は飛躍的に上がる事は間違いありません。

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top