KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

優れたリーダーとなるための3つの条件と役割

優れたリーダーとなるための3つの条件と役割

リーダーとは、お店であれば店長であり、企業であればグループのCEO、また個人事業主であればオーナーですね。従業員が1人でも100人でも、部下が一人でもいるのであればリーダーなのかも知れません。

 

このリーダーがすべき役割とは一体なんなのか?といった、本質的な部分をお話ししたいと思います。

リーダーの役割とは「一つの意思」を導くこと

さて、リーダーの最終目的といえば、業績や利益を上げる事かと思います。それは当然の事なのですが、その過程として部下や従業員に「共通の目的」をもっていただき「行動」していただく為に『一つの意思』というモノが必要となってきます。

 

一つ意思とは、

  • 〇月までに〇本の契約を獲得するためには〇〇を徹底する
  • 新商品を開発して〇〇まで〇〇で販売する

つまり戦術の部分にあたり、これをリーダーは「一つの意思」として、全従業員や部下に「共通の目的」として意識させなくてはなりません。

 

この「一つの意思」を創るのがリーダーの役割であり、チームが存在することの意味なのですが、この「一つの意思」を創るために、よく大企業や有名セミナーなどで使われている3つの役割があるのでご紹介します。

共通理念(目的)と共通の敵(障害)

共通理念(目的)

共通の理念とは、先ほどお話しした「”戦術”はなぜ必要なのか?」という部分になり、存在することの意味です。

共通の敵(障害)

共通の敵(障害)とは、仮想敵をつくり「意思を一つにする」ためには必要不可欠な存在です。この2つをあなたが表現して発言する事で、リーダーとしてのポジションを得ることができ、さらには共感をも得ることができます。

 

この共通の敵(障害)をアニメで分かりやすくしてみると、アニメのワンピースを例にしてみると、

  • 共通理念(目的):ワンピースを見つけて海賊王になる
  • 共通の敵(障害):同じ目的をもつ海賊

スラムダンクというアニメでも例にしてみます。

  • 共通理念(目的):全国制覇
  • 共通の敵(障害):同じ目的をもつ強豪校

このように、共通する「目的」を持たせ、それに向かって「行動」させる事がもっともシンプルにリーダーとしてのポジションを得る方法だと言われています。

 

そして、本物のリーダーとなるには自己開示(サクセスストーリー)が必要不可欠なのですが、この自己開示をもっとも上手く利用してリーダーとしてのポジションを得たのがオバマ大統領です。

オバマ大統領を一躍有名にした演説

偉大な人物や歴史的なスピーチの多くには「サクセスストーリ」が含まれる。

有名なお話ですが、2004年にオバマ大統領を一躍有名にした演説があります。このスピーチの冒頭では、オバマ大統領の自己開示からはじまります。

国の交わるところ、リンカーンの生地でもあるイリノイ州を代表して、この全国大会で演説できる名誉に深く感謝します。

今夜、私はとても大きな誇りを感じています。

なぜなら、普通に考えれば、この私がこの檀上に上がる事はありえないことだからです。

 

私の父は、ケニアの小さな村で生まれ育った留学生でした。ヤギの番をして育ち、トタン茸の小屋でできた学校に通いました。

 

彼の父は、すなわち私の祖父は料理人で、イギリス人の召使いでした。

私の両親は信じられないほどの愛情だけでなく、この国の持っている可能性を信じる強い想いも分かち合っていたのです。

 

彼らは私に「祝福された」を意味するアフリカの名前「バラク」と名付けました。寛容なアメリカでは名前は成功するための障害にはならないと信じたのです。

 

彼らは裕福ではありませんでしたが、私がこの地で最も優秀な学校に通うことを心に思い描きました。

7万人の聴衆を前にして、スピーチの冒頭で自らの生まれを語りました。この自己開示は「共感」を得て、大きな感動を生むことができます。

ここで重要なのは、自己開示と言うのは過去の栄光などではないという事です。

自慢話は共感を得るどころか、むしろ敵となってしまいます。あなたのダメな部分をストーリーとして伝える事が自己開示(サクセスストーリー)と言います。

 

「自己開示(サクセスストーリー)」と、「共通理念(目的)と共通の敵(障害)」を創ることが、優れたリーダーになるためには重要な要素を占めているのではないでしょうか。

そして、この自己開示(サクセスストーリー)にはパワーがあります。もし、あなたがリーダーとして従業員や取引先、または顧客などを自由自在に動かしたいのであれば、このストーリースキルは学んでおいて損はありません。

 

以下はストーリースキルを学べるお勧めの書籍です。

ザ・ストーリー

 

これらのストーリースキルは、ハリウッドで制作された大ヒット映画などにも用いられていて、売れている映画をみると面白いほどコレに当てはまっています(笑)

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top