KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

【SEO攻略】検索エンジンでインデックス速度を高速化する手法

【SEO攻略】検索エンジンでインデックス速度を高速化する手法

この記事では、検索エンジンでインデックス速度を高速化する方法をお届けいたします。

ブログで記事を書いても「あれ?検索エンジンに記事が反映されてない?」 こんな事ってよくありますよね。

 

そんな時の為に使ってもらいたい小ワザとして、 トレンド記事のインデックス速度を早める方法というのをご紹介します。

そもそもインデックスって何?

インデックスとは元々「素引」「見出し」などの意味を持つのですが、SEO用語のインデックスの意味は「クローラーが収集したWEBページのデータを検索エンジンデータベースに格納されること」を指します。

※クローラーとは、Googleなどのロボット型検索エンジンがWEB上のファイル(文書・画像・PDFなど)を収集するためのプログラムの事

 

つまりHPやブログなどを更新した場合に、GoogleなどのクローラーがWEB上のファイルをクロールしてくれなければ、検索エンジン上には記事は反映されないという事です。

このクローラーの巡回を速めることを「インデックスを早める」と言います。

 

記事というのは、生モノと同じでインデックスが遅いと記事も段々とアクセスを集めずらくなってしまいます。

インデックス速度を早める方法

では、どうすればインデックス速度を早めることができるのか?

まず始めにしなくてはいけないのは、Googleサーチコンソールにある「Fetch as Google」という機能を利用する方法です。

 

まずGoogleサーチコンソールにアクセスして、高速化したい記事のサイトを選択します。

メニューの「クロール → Fetch as Google」をクリックしてください。

Search Console   Fetch as Google   http   kazuto yoshida.com

以下のようなURLを入力する画面が表示されるので、インデックスしてもらいたいURLを入力します。

Search Console   Fetch as Google   http   kazuto yoshida.com


次に「リダイレクトされました」と表示されるので、「インデックスを送信」をクリックします。

Search Console   Fetch as Google   http   kazuto yoshida.com

すると「送信方法の選択」という画面が表示されます。

Fetch as Google1


ここでインデックスに登録できるのが2つ選択できるのですが、

  • 入力したURLのみ
  • 入力したURLからリンクされている全てのページ

この2通りとなります。

 

「送信」をクリックすれば、24時間以内にクローラーが巡回してインデックスを早めてくれるという訳です。

Fetch as Googleの利用回数には制限がある

Fetch as Googleの利用回数には制限がある Fetch as Googleを利用したら分かると思うのですが、この機能は好きなだけ利用できるものではありません。

1週間で利用できる回数は「URLのみで500回」「リンクを含めると10回」までとなります。

 

主にFetch as Googleを利用するのは、

  • サイトを立ち上げた時
  • トレンド記事を更新した時

このような時に利用するのがベストでアクセスUPも期待できますね。

 

是非、Googleサーチコンソールの「Fetch as Google」を利用してインデックスを早めてみてはいかがでしょうか?

⇒ Googleサーチコンソール公式サイト

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top