KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

Googleアップデートに注意!モバイルフレンドリー対応でSEO対策すべき理由

Googleアップデートに注意!モバイルフレンドリー対応でSEO対策すべき理由

Googleが2015年4月21日にモバイルフレンドリーを優遇して、スマートフォンに対応していないページは検索エンジンの順位が下がる可能性があると発表しました。

現在スマートフォンは国内において51%にまで到達している為、ホームページをスマートフォンに対応することは重要項目であり、逆に対応していない競合他社との差を広げるチャンスとも言えます。

 

今回の「モバイルフレンドリーアップデート」は、 過去の「パンダ、ペンギンアップデートを上回る」とGoogleは発表しているため、まだスマートフォンに対応していない場合は、迅速に対応する必要があります。

モバイルフレンドリーアップデートのポイント

確認できている実施事項や評価基準など、モバイルフレンドリーアップデートのポイントは以下になります。

  • 2015年4月21日より実施予定
  • Googleの定める「スマホ対応基準」を満たす必要がある
  • 基準を満たしたサイトはアップデートの恩恵がある
  • 基準を満たしたサイトは、モバイル検索結果で「スマホ対応」とラベル表記がされる
  • 基準を満たしていないサイトは検索エンジンの順位が下がる可能性がある

モバイルフレンドリーテスト(Google公式ツール)

自社または自分のサイトがGoogleが定める「スマホ対応基準」を満たしているかを確認する必要があります。

そのためGoogleが、公式に「モバイルフレンドリーテスト」をする為のツールを提供してくれているのでURLを入力してGoogleが定める「スマホ対応基準」を満たしているかどうかチェックしてみましょう。

モバイルフレンドリーテスト(Google公式)

 

URLを入力するだけで、スマホ対応かどうか結果を返してくれるツールで、対応済みのサイトは「このサイトはモバイルフレンドリーです」と表示されます。

モバイル フレンドリー テスト

対応が不十分の場合は、どういったポイントがモバイルフレンドリーではないかを示す具体的なガイドが表示されます。

 

Google公式のモバイルSEO(Google公式ガイド)も参考にしてみてください。

モバイルSEO(Google公式ガイド)

WordPressで簡単にモバイルフレンドリー対応

HTMLサイトでは難しいモバイルフレンドリー対応でも、WordPressのテーマ変更を利用すれば数回のクリックでモバイルフレンドリー対応は可能です。

 

その中でも権威というテンプレートは、有料ですがSEO対策も施されており「初心者~上級者」までオススメのテンプレートとなっています。

SEOテンプレート「賢威6.2」公式サイト

SEOに強い戦略的テンプレート「権威ver6.2」

 

今回のモバイルフレンドリー対応も対策が施されているのは勿論のこと、何が一番魅力的かと言うと付属されている「SEOマニュアル」と「フォーラム」がダントツでNO1です。

サイトやブログのカスタマイズに対する質問に迅速に対応してくれる「フォーラム」は本当に助かります。

 

他のテンプレート業者さんだと、返信に3日も4日もかけて「自分で調べて下さい」など、まともな対応をしてくれない業者さんが多いご時世にも関わらず「最高の返信速度で、的確な答えを提供してくれる」のが権威フォーラムです。

 

そして「SEOマニュアル」には、SEO対策に必要な知識がすべて詰め込まれていると言っても過言ではありません。

もし有料のテンプレートを購入予定の場合は、権威から始めることをオススメいたします。

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top