KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

Googleアナリティクスで自分のアクセス数を除外する方法(IPアドレス編)

Googleアナリティクスで自分のアクセス数を除外する方法(IPアドレス編)

サイトやブログ運営者の方で、アクセス解析をしている場合は多いと思いますが、自分の閲覧もアクセス数にカウントされている事はご存知ですか?

リアルなアクセス数をデータを解析するには、自分の閲覧は除外設定する必要があります。

 

今回は、Googleアナリティクスで自分の閲覧を除外する一番簡単な方法を解説いたします。

IPアドレスでアクセス除外設定

自宅や会社からサイトにアクセスする場合、IPアドレスというネットワーク上の機器を識別するための番号で、どこからアクセスが来たのかを識別しています。

このIPアドレスをGoogleアナリティクスの設定で除外する事により、 自宅や会社のアクセス数はカウントしないでリアルな数字をだすことが可能となります。

フィルタ設定ページを表示

Googleアナリティクスの管理画面にログインしたら、右上に「アナリティクス設定」をクリックします。

Googleアナリティクス

Google Analytics
 

カラムには、左から 「全体(アカウント)>サイト(プロパティ)>ページ(ビュー)」 の順に並んでおり、今回は全体でIPアドレスを除外したいので、一番左の「すべてのフィルタ」をクリックします。

Google Analytics
 
次に、新規にフィルタを作成するので「新しいフィルタ」をクリックします。
 
Google Analytics
 

除外するIPアドレスをフィルタ設定

新しいフィルタを選択したら、次はIPアドレスを除外設定をしていきます。

まずは「フィルタ名」に管理しやすい名前を入力します。

Google Analytics
 

「フィルタの種類」の項目設定で左から順番に、

  • 除外
  • IPアドレス
  • トラフィック 等しい

をドロップボックスから選択して、IPアドレス欄に除外したいIPアドレスを入力します。

 

自分のIPアドレスを確認するには以下のサイトでご確認ください。

⇒ サーバー監視/ネットワーク監視サービス

 

最後に「ビューにフィルタを適用」で除外したいサイトを選択して「追加」をクリックして保存したらIP除外設定は完了です。

まとめ

正確なアクセス解析データはとても重要なので、Googleアナリティクスを使用されている場合は除外設定は必ずしておきましょう。

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top