KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

メルマガで爆発的に有料商材を販売するための”7つのコツ”

メルマガで爆発的に有料商材を販売するための”7つのコツ”

メルマガアフィリエイトで有料商材を販売するには一定の雛形のようなコツというものが存在しています。

このコツというのは、メルマガで何度も繰り返し実践する事で”ジワジワ”と成果に繋がっていく事なので、失敗を恐れずに何度もチャレンジする事をお勧めいたします。

有料商材を販売するための”7つのコツ”

【コツ1】紹介する商品を熟知している

紹介する商品を熟知している

有料商材をアフィリエイトする場合、その商材を誰よりも理解しておく事です。

その理解がベースとなって商材の情報を読者様に正しく伝えることができるので、メルマガで紹介する商材(商品)は”必ず”購入しておきましょう。

【コツ2】紹介前に予告を入れ演出する

予告

この演出は、コピーライティングであるテクニックの一つで、紹介する前に予告(予約)をいれて読者様の気持ちを高めておく事で、商材を紹介したときの反応は大きく変わってきます。

 

例えば「対談動画」や「個人動画」を用意して、販売前に予告や予約を宣言します。

「明日〇〇さんの商品が販売開始になりますが、無理をお願いして一足早く触らせてもらいました。明日は特別な条件で紹介することができるので絶対にチェックしてください!」

というパターンを演出して、読者様の視線を一つにまとめて爆発させる手法がコレにあたります。

【コツ3】購入をオススメする圧倒的な根拠

根拠

有料の商品を紹介するということは「お金を出してでも手にした方が良い根拠」 を説明する必要があります。

  • ノウハウが凄い
  • 素材が凄い
  • 時間が短縮される
  • 努力がいらなくなる
  • 効果が確実
  • 実際に試してみた
  • 成果が出やすい

色々な観点から、なぜ購入した方が良いのか?圧倒的な根拠(証拠)をそろえて紹介しましょう。

【コツ4】導入しない時に発生する圧倒的なデメリット

デメリット

人の心理とは、得られるメリットよりも失った時のデメリットの方が強いと言われており、これを心理学で「プロスペクト理論」と言います。

紹介する商材を販売する前に、購入しなかった時のデメリットを伝えて購買心理を高めておきます。

【コツ5】断りきれない程の魅力的な特典

特典

情報商材で多くみかけるのが”特典”です。

ご用意していただく特典が「紹介する商材より価値のある特典」であれば、どのような腐った商材であろうとバシバシ売れていきます。

 

読者様に、

「商材より特典が欲しいのですが・・・」

と言わせることが出来れば100点で、それがアフィリエイターの役割とも言えます。

【コツ6】タイムリミット

タイムリミット

メリットでもデメリットでも動かない人は「タイムリミット」で動くケースは多いです。

『特典は30日18時で消滅します。この条件で公開することは今後二度とありません。』

この文章を付け加えるだけで、販売本数は2倍~3倍増加します。

 

「商材の値上げ」や「特典消失」など、企画によって変わってきますがタイムリミットは入れておいた方が成約率も大きく変動するでしょう。

【コツ7】複数の視点で、複数のメール配信をする

複数の視点

有料商材をメルマガで販売する場合、「複数の視点で複数配信」という考え方は”基本中の基本”となります。

「複数の視点」とは”様々な環境の読者様がいる”という考え方であり、「複数配信」とは文字通り何度も配信する意味です。

 

一通配信して反応が薄いからと言って、二度目の配信をしない方が多いのですが、数回目の配信で売れたケースの方が圧倒的に多いです。

 

複数の視点である「読者様には様々な環境の人がいる」に重点をおいて、配信する内容を変えて販売することで二度目、三度目の内容も考えられるのではないでしょうか?

戦略的なメルマガ配信とは?

「無料オファー」を紹介する場合と、「有料商材」をアフィリエイトする場合では、メルマガ配信方法は全くと言っていいほど異なってきます。

戦略的にメルマガアフィリエイトでマネタイズ構築する重要なポイントは、無料と有料での配信スタイルを固定して、成約率・購読率を高めていくことにあるのではないでしょうか?

 

無料オファーで「マネタイズ構築」するためのポイントは以下で詳しく解説しています。

⇒ メルマガアフィリエイトで「マネタイズ構築」するためのポイント

有料になりますが、「1日20リスト以上を安定して獲得する方法」も合わせてご覧ください。

メルマガアフィリエイト攻略!初心者でも「1日20リスト」を安定して獲得する方法

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top