KAZUTO YOSHIDA OFFICIAL BLOG

爆発的にブログにアクセスを集めるための6つの定義

ブログにアクセス(PV)を集めるには、いくつかのコツといいますか定義決めをする必要があり、その定義を6つに分けて解説してみました。

 

以下の定義は、実際に僕がブログを始めてから「開始1ヶ月目で1万PV」を達成した方法なので参考にしてみてください。

吉田和永アクセス解析

(開始1ヶ月目のアクセス推移データ)

1.記事の文字数は最低500文字(引用部分は除く)

記事の文字数が少ないとSEO的にも良くありませんので、最低でも500文字(できれば1000文字)を目安に書きましょう。

 

記事を書くポイントとして、起承転結(きしょうてんけつ)を意識して書くと記事内容がゴチャゴチャにならず、相手に分かりやすく伝えやすい文章を書くことできます。

  • 起 どういった記事なのか?(主にタイトルに使います)
  • 承 具体的に何があったのか?
  • 転 そのトレンド記事で最も変化をみせる場面を書いていきます。
  • 結 転において変化を起こした後にストーリーを締めくくる部分

分かりやすく説明すると「起承転結」とは、記事に「物語やストーリー性」を持たせるという事になり、この流れに沿って記事を書くのが一般的です。

2.タグは1つ1つ単語を区切って入力する

「タグを単語で区切る」とは、温泉のトレンド記事を書いたとしてタイトルが「カップルで行く2015年の温泉ベスト10」という記事だとします。

この記事にタグをつける場合、「カップル 2015年 温泉 ベスト10」とまとめてタグ付けするのではなく、「2015」「カップル」「温泉」「ベスト10」といったように、単語ごとにタグ付けしましょう。

これは検索結果にも多少影響してくるため、SEO対策として必要な作業となります。

3.画像の”alt 属性”を入れる

記事に画像を挿入する場合、HTMLは

<img src="〇〇〇.jpg">

というソースとなりますが、画像を使用する場合「alt属性」は必ず入れるようにしましょう。

  <img src="〇〇〇.jpg" alt="(画像のタイトル)">

「alt属性」とは、その画像がなにを表しているのかを検索エンジンに知らせるために必要な作業となります。

4.アクセスの多いキーワードを知る

ブログにアクセスを集めるには、そもそもアクセスのあるキーワードで記事を書く必要があります。

 

細かくなってしまいますが、「ポケモン」で記事を書くのと「ポケットモンスター」で記事を書くのとでは集まるアクセスも圧倒的に変わってきます。

ポケモンとポケットモンスターのアクセス数

上記画像は、Googleキーワードプランナーで検索した「ポケモン」と「ポケットモンスター」の月間平均検索ボリュームですが、ポケモンは”1,220,000”に対して、ポケットモンスターは”60,500”と圧倒的に検索されていない事が分かります。

 

つまり、ポケモンで記事を書く場合は、「ポケモン」で記事を書くほうがアクセスを集めやすいという事です。

5.記事内に画像や動画を設置する

文章だけで構成されている記事をよく見かけますが、文章だけの記事よりも「画像」や「動画」があるほうがユーザーの滞在時間が伸びて、検索エンジンで上位表示しやすくなります。

滞在時間を伸ばすことができれば、ブログ全体の評価も上がるので出来るだけ記事内には画像や動画を設置する事をお勧めいたします。

6.オリジナリティーを意識する

引用やコピペで記事を書いている人がいますが、これは絶対にやってはいけません。

あまりにも引用やコピペが多いと、Googleのパンダアップデートに引っかかりペナルティの対象となってしまいます。記事をコピペするぐらいなら文字数は少ないけどオリジナリティーのある記事の方がユーザーに好まれアクセスが集まりやすいです。

 

他の記事を参考にする場合は、最低でも8割程度はリライトするように心がけましょう。以下では無料で使えるお勧めのコピペチェックツールをご紹介しています。

記事がコピペかチェックしてみる

アクセスを集めるために大切な事とは?

「爆発的にブログにアクセスを集めるための6つの定義」はいかがでしたか?本当に大切なコトとは、じつはSEO対策でも小難しいHTMLやCSSといった知識ではありません。

どんなに文字数が少なかろうと、下手な文章構成だろうと『毎日継続して記事を更新する』という事が重要で、まずは100文字でも200文字でも良いので「書くという行為を習慣化する」これがアクセスを集めるためには一番大切な事かと思います。

コメントする

*
*
* (公開されません)

お知らせ

過去のお知らせ
Return Top